親方の相撲コラム

[其の一]大嶽親方の相撲道

私が、昭和の大横綱と称され、戦後最強の横綱だった大鵬親方のもとに弟子入りしたのは、今から約37年前。中学を出たばかりの、15歳のときです。「横綱になる!」という大きな夢をもって、新しい世界に飛び込みました。 相撲部屋は「軍隊みたいに厳しい」と聞いてはいましたが、それはそれは厳しかったですね。稽古が厳しいのは覚悟し … 続きを読む

詳細を見る

[其の二]大鵬親方との思い出

大鵬親方との思い出は数えきれませんが、私の相撲人生を左右した一番大きな思い出は、十両に上がる3場所前のエピソードです。9月場所で幕下上位にいたのですが、その場所は負け越して千秋楽を迎えました。最終日の祝賀会の会場でのこと。 祝賀会は、相撲取りは接待する側ですから、酔ってはいけないんです。そのことは十二分にわかって … 続きを読む

詳細を見る

[其の三]相撲取り時代の思い出

相撲ファンの方ならご存じだと思いますが、大相撲では、場所ごとに番付けが発表されます。 横綱・大関・関脇・小結・前頭・十両・幕下・三段目・序二段・序ノ口。 私は1988年3月場所で十両に昇進。この場所で8勝7敗と勝ち越し、しばらく十両に定着しました。 その後は、怪我もあり、何度か幕下に陥落しましたが、1994年11 … 続きを読む

詳細を見る