親方からのご挨拶

HOME >大嶽部屋紹介

大鵬道場 大嶽部屋の歴史

1971年(昭和46年)5月場所限りで引退した二所ノ関部屋(大関・佐賀ノ花)の元横綱・大鵬が1969年(昭和44年)9月に贈られていた一代年寄・大鵬を襲名して、1971年12月に巨砲、嗣子鵬ら数名の内弟子を連れて二所ノ関部屋から分家独立して大鵬部屋(たいほうべや)を創設しました。
2005年(平成17年)5月に大鵬が定年退職を迎えるため、これに先立ち2004年1月1日付で16代大嶽に師匠を交代し、部屋名称も大鵬部屋から大嶽部屋に変更。後、2010年7月大竜が大嶽を襲名し、部屋を継承。 17代大嶽となった大竜は大鵬部屋の出身で大鵬の直弟子に当たります。


大鵬道場 大嶽部屋 〒135-0024 東京都江東区清澄2-8-3
TEL:03-3820-8340 FAX:03-3820-8340
E-mail:info@ootake-beya.com
こちらのフォームよりお問い合わせ頂けます。

■地方宿舎
大 阪:〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-1-4
名古屋:〒490-1323 稲沢市平和町下起東139 ちゃんこ嗣志鵬内
九 州:〒811-0324 福岡市東区弘2471-1